日本のHIPHOPディガー、HinodeからRYOYO!!

ビートボクサーネーム:RYOYO

生年月日:1991年2月24日

出身地:東京




紹介文

彼は東京出身のビートボクサーであり、一時期は青森で活動していた時期もある。 過去に東京の渋谷にて開催された歌舞伎ビートボックスバトルに参戦しており、 Grand Boost Championship Vol.1をきっかけにバトルシーンへ飛び込む。さまざまな地方で開催された大会で好成績を残し、日本一を決める大会では全国でトップ16に輝く。

今現在は、大阪に拠点を移しビートボクサー兼DJとして活動している。

Hinodeというクルーにも所属しており、3月16日にキュリオスという、さまざまなアーティストが出演するイベントの第一回目が開催された。
ツイッターにて一時期バズらせていたシンガーのSatsukiやヒューマンビートボックスのアジア大会チャンピオンのBATACOも出演。 第二回目も開催予定であり、音楽、芸術的な作品に興味がある方はぜひご来場していただきたい。

昨日には、HinodeからRYOYOのビートボックスビデオがアップロードされた。

RYOYO – // Go Beyond //




なぜビートボックスを始めましたか?

RYOYO

2009年に兄貴にビートボックスの動画を見せてもらって、Joel Turnerのライブ映像を見たときに衝撃を受けてビートボックスの動画を見るようになりました。Felix Zengerをはじめ、さまざまなビートボックスの動画を見るようになり、気づいたときには見様見真似で口を動かしていました。

一番影響をうけている音楽はなんですか?

RYOYO

ヒップホップにハマる前に、洋楽のロックバンド(Linkin Parkなど)を聴いていました。ビートボックスをするようになってからは、ヒップホップについて深く知り、ソウル、ファンクなど日本の70,80,90年代の音楽を聴き始めました。 青森にいた頃は、ダンスイベントに出演するなどして、さまざまな音楽を知る機会が多く、さらに表現の幅が広がっていき、今のスタイルを確立しました。

ビートの構成はどう作っていますか?

RYOYO

正直にいうと、あまり詳しくは説明できません。感覚でやっていることが多く、ただ好きな音楽を表現しているだけです。拘っているところは選曲です。大きく説明すると、好きな曲と曲を組み合わせてサンプリングする感じになります。

これからのビートボクサーたちにひとこと

RYOYO

ビートボックスの練習も大事ですが、好きな音楽を探ることもかなり重要です。




戦績

  • 名古屋 Beatbox Battle 優勝
  • Grind Beatbox Battle 優勝
  • King of mouth 優勝
  • Japan Beatbox Championship 2017 前日予選 優勝
  • Boice Les Festival Vol.7,9 優勝
  • Japan Beatbox Championship 2018 関西予選 優勝
  • 東北六景 3on3 Beatbox Battle 優勝

動画まとめ

Grand Boost Championship 本予選 RYOYO

【TOP16】RYOYO vs りき Japan Beatbox Championship 2018

【モテワンコンテスト ONEZ】O.S.K Night_RYOYO

RYOEM vs RYOYO KING OF MOUTH FINAL

KINSAIYA vol.1 RYOYO




HS&JHS BEATBOX CONTEST 2019の開催が決定!

約4年ぶりに中学生、高校生のビートボクサーへ向けたビートボックスの動画コンテストが復活!前回大会は2016年に開催されており、主催者はビートボクサー「F@Ny」がコンテスト運営を勤めていたが、彼の意思を引き継ぎBEATBOXHACKSが運営を勤めることとなった。

今コンテストから2つの新しいコンテンツが追加され、前回よりもかなり大規模なコンテストとなるのは間違いない。予選制度も設けており確かな実力者が厳選されるだろう。

追加コンテンツ:タッグチーム部門、ループステーション部門

過去には140人もの学生が出場しており、今現在でもHS&JHSに関して右に出るほどの大規模なオンラインビートボックスコンテストはいまだに開催されておらず、幅広い世代に名のあるコンテストとして認知されているようだ。

日本公式大会でも実力を表してきたビートボクサーの中にはHS&JHSを通して自身のビートボックスを磨いてきたプレイヤーも多く、日本のビートボックスシーンにおいて成長していく過程、いわゆる通り門のような存在である。




コンテスト詳細

コンテスト名称:HS&JHS BEATBOX CONTEST 2019

エントリー受付期間:4月1日0時0分から4月30日23時59分まで

対象:中学生、高校生、 4月中に19歳になる大学生、社会人

予選通過者発表日:5月1日中、本サイト公式ツイッターにて

最終結果発表日:5月15日中、本サイト公式ツイッターにて

優勝商品:各部門に1500円分のAmazonギフトカード

審査員

・ソロコンテスト部門

SHOW-GO

Grand Beatbox Wildcard 2018 Winner
TEDxSapporo 2018 出演


・タッグチームコンテスト部門

TATSUAKI

中学生の時に兄と一緒にビートボックスを始める。
地元和寒で小さなライブハウスで経験を積み、高校卒業後札幌へ移住。
ヒューマンビートボックスの日本一を決める大会JapanBeatboxChampionship2012では初出場で高校生ながらBEST4、そして2016年にはソロ、タッグで日本チャンピオンに輝き、日本初の二冠という快挙を成し遂げた。
現在はイベントを主催し、札幌を中心に様々なイベントに出演しながら、全国、海外のビートボックスの大会にも出場し、爪痕を残している。さらに世界大会Grand Beatbox Battleには日本人初のタッグで出場した。さらにAsiabeatboxchampionshipでは2年連続の準優勝、タッグでは3位という世界レベルの成績。ニュースクールスタイルで魅せるビートボックスは見ている人を楽しませる。今、日本を背負って活動している若手ビートボクサー。


・ループステーションコンテスト部門

SO-SO

誕生日に駄々をこねて買ってもらったループステーションで現在グローバルに活躍するビートボクサー。
[戦績]
・Asia Beatbox Championship 2017 Loopstation Battle出場
・Beatbox Battle World Championship 2018 Loopstation Battle出場
・Grand Beatbox Battle 2019 Loopstation Battle ワイルドカード通過

エントリー方法

  • 1.エントリー動画は全部門180秒+5秒以内であること。
  • 2.動画冒頭で「HS&JHS BEATBOX CONTEST 2019にエントリーする”エントリーネーム”です。」と言うこと。
  • 自身がビートボックスをしていることがハッキリわかるように顔を映すこと。
  • YouTubeにエントリー動画を限定公開でアップロードしていただき、エントリーフォームに動画URLを記載のうえ送信していただきます。※エントリーフォームはエントリー受付期間近日に本サイトにて公開されます。
  • エントリーフォーム送信後、本サイトYouTubeチャンネルにて再度アップロードされ次第エントリー完了になります。




よくある質問

Q.マイク、アンプ、スピーカー、レコーダー等は使ってもいいですか?

A.可能です。ただし機材を使う場合は映像に映るよう撮影お願いします。

Q.録音した音をパソコンで編集してもいいですか?※ループステーションのエフェクトは除く。

A.可能です。ただし過度のエフェクト等は審査対象外とさせていただきます。

Q.ループステーションに指定はありますか?

A.特に指定はありませんがRC-505が望ましいです。

Q.スマホで撮ってもいいですか?

A.特に撮影に関しては機材等の指定はありません。

Q.動画の品質は審査に影響しますか?

A.影響しません。ですがビートボックスが聞こえやすい環境での撮影をおすすめします。

Q.中学生と高校生と大学生の優勝者を決めるんですか?

A.中学生と高校生のみになります。※出場可能な大学生、社会人は高校生として審査します。

その他、ご質問等ございましたら本サイト公式ツイッターのダイレクトメッセージにてご連絡お願いします。




ボイパとビートボックスの違いを徹底解説!!

ボイパとビートボックス

ボイパとビートボックスの違いを徹底解説!!





近年、メディアにも多く取り上げられ、日本中にヒューマンビートボックスという名前が広がり、知らない人も減ってきた今でもボイパボイスパーカッションと呼ばれることは少なくない。

ここまで浸透しているボイパと、新しく日本でメジャーとなりつつあるヒューマンビートボックスの違いを徹底的に解説!!


 

まず始めに

 

ボイスパーカッションとは?

アカペラ発祥で、打楽器の奏でる音色を口で表現する方法である。

日本のアカペラグループ「RAG FAIRラグフェア)」のおっくんの登場からボイスパーカッションを略してボイパと呼ばれるようになり、日本中に広がる。

日本のボイスパーカッションには流派があり。RAG FAIRのおっくんが演奏している方法は関東流で、RAG FAIRと同じ時期にテレビ出演していたアカペラグループ「POCHI」のけんぞーが演奏している方法は関西流と、大きく分けて2つの演奏方法が存在する。

関東流関西流の演奏方法にはそれぞれ別の音の出し方があり、関東流有声音関西流無声音という方法がある。

有声音は自身の声を加えて出す音、無声音は自身の声を全く加えない演奏方法となる。

日本ではボイスパーカッションと呼ばれているが、海外ではVocal Percussionボーカルパーカッション)と呼ばれている。

ハモネプ RAG FAIR ダンス天国

上記のように、日本でボイパと呼ばれ始めたきっかけにはテレビ番組「ハモネプ」に出演していたRAG FAIRのおっくんの存在が大きく関係しているようだ。

 

ヒューマンビートボックスとは?

ヒューマンビートボックス(Human Beatbox)はヒップホップ文化から発祥し、ボイパと同じように打楽器の奏でる音色を口で表現する方法であるが、それだけでなくベース、特殊音といったさまざまな音を口で表現する方法であり、1970年ごろ、アメリカでドラムマシーンやターンテーブルを買えない貧困層の人たちが、ドラムの音を口で真似をし、それにラップを合わせたのが始まりである。

日本では数年前、ヒューマンビートボクサーのDaichi、ユーチューバーのHIKAKINの登場により、現代の小中学生で知らない子供はいないほどにヒューマンビートボックスの認知度は上がり、各地方でレッスンや大会が行われ、専門学校の専攻コースとして取り入れられるなど、全国的にメジャーになりつつある。

Daichi for Beatbox Battle Wildcard

 

Super Mario Beatbox

楽器や道具を必要とせず、自らの口のみで演奏できる手軽さから、子供から大人まで楽しめる音楽ともいえるだろう。





まとめ

細かく分けるとかなりの数になるため、大きい違いを主にまとめてみる。

ボイスパーカッション

  • アカペラ発祥
  • 複数人に参加する形
  • 音楽寄り
  • 基本的にドラムセットの音のみ

 

ヒューマンビートボックス

  • ヒップホップ発祥
  • 基本的に一人
  • パフォーマンス寄り
  • ドラムセット以外の音も表現する

根本的に「口で音を出して演奏する」という点では同じものといえる。

 

プロのビートボクサーDaichiもこの件について動画で触れており、実際にアカペラを経験している彼にも根本的には同じものという考えがあるようだ。

Pentatonixの登場により、最近のアカペラ界でもパーカスの部分をヒューマンビートボックスで表現するグループも少なくない。

[Official Video] Daft Punk – Pentatonix

今後、日本のヒューマンビートボックス界隈、ボイスパーカッション界隈がどう動いていくのか、とても興味深いところだ。