t2bbx/ 5月 10, 2019/ ヒューマンビートボックス, ビートボクサー, ビートボックス動画, 大会/ 0 comments

ビートボクサーネーム:RYOYO

生年月日:1991年2月24日

出身地:東京




紹介文

彼は東京出身のビートボクサーであり、一時期は青森で活動していた時期もある。 過去に東京の渋谷にて開催された歌舞伎ビートボックスバトルに参戦しており、 Grand Boost Championship Vol.1をきっかけにバトルシーンへ飛び込む。さまざまな地方で開催された大会で好成績を残し、日本一を決める大会では全国でトップ16に輝く。

今現在は、大阪に拠点を移しビートボクサー兼DJとして活動している。

Hinodeというクルーにも所属しており、3月16日にキュリオスという、さまざまなアーティストが出演するイベントの第一回目が開催された。
ツイッターにて一時期バズらせていたシンガーのSatsukiやヒューマンビートボックスのアジア大会チャンピオンのBATACOも出演。 第二回目も開催予定であり、音楽、芸術的な作品に興味がある方はぜひご来場していただきたい。

昨日には、HinodeからRYOYOのビートボックスビデオがアップロードされた。

RYOYO – // Go Beyond //




なぜビートボックスを始めましたか?

RYOYO

2009年に兄貴にビートボックスの動画を見せてもらって、Joel Turnerのライブ映像を見たときに衝撃を受けてビートボックスの動画を見るようになりました。Felix Zengerをはじめ、さまざまなビートボックスの動画を見るようになり、気づいたときには見様見真似で口を動かしていました。

一番影響をうけている音楽はなんですか?

RYOYO

ヒップホップにハマる前に、洋楽のロックバンド(Linkin Parkなど)を聴いていました。ビートボックスをするようになってからは、ヒップホップについて深く知り、ソウル、ファンクなど日本の70,80,90年代の音楽を聴き始めました。 青森にいた頃は、ダンスイベントに出演するなどして、さまざまな音楽を知る機会が多く、さらに表現の幅が広がっていき、今のスタイルを確立しました。

ビートの構成はどう作っていますか?

RYOYO

正直にいうと、あまり詳しくは説明できません。感覚でやっていることが多く、ただ好きな音楽を表現しているだけです。拘っているところは選曲です。大きく説明すると、好きな曲と曲を組み合わせてサンプリングする感じになります。

これからのビートボクサーたちにひとこと

RYOYO

ビートボックスの練習も大事ですが、好きな音楽を探ることもかなり重要です。




戦績

  • 名古屋 Beatbox Battle 優勝
  • Grind Beatbox Battle 優勝
  • King of mouth 優勝
  • Japan Beatbox Championship 2017 前日予選 優勝
  • Boice Les Festival Vol.7,9 優勝
  • Japan Beatbox Championship 2018 関西予選 優勝
  • 東北六景 3on3 Beatbox Battle 優勝

動画まとめ

Grand Boost Championship 本予選 RYOYO

【TOP16】RYOYO vs りき Japan Beatbox Championship 2018

【モテワンコンテスト ONEZ】O.S.K Night_RYOYO

RYOEM vs RYOYO KING OF MOUTH FINAL

KINSAIYA vol.1 RYOYO




Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*